Marc NewsonとApple Watchについて

http://jp.techcrunch.com/2014/09/10/20140909meet-the-apple-watch/
Apple Watch登場 - TechCrunch

何か昔IKEPOD(マーク・ニューソンが創設した時計メーカー)で四角い腕時計あったような気がする…と思って調べたら、すでにまとめられてた。デザイン要素がちょっと似過ぎでは?というほど似ている。
【まとめ】Apple Watchにはマーク・ニューソンのDNAが流れている。彼の過去作品と比較してみたww #applejp | Blog!NOBON+

AppleWatchは、まわりのTwitterFacebookの投稿をみていると落胆したような意見も多いけど、個人的には、いい意味で期待を裏切られた感じで心地よかったと思っている。

もちろん、iPodiPhoneのようにバカ売れするような事態はあんまり想定できないけど、時計というジャンルの枠の中で考えると、けっこう魅力的な製品なんじゃないだろうか。見た目はそれなりにラグジュアリーで、価格は4万以下、ヘルスケアの機能も付いて、先端のテクノロジー体験も手に入れられる。
そう考えると、デザインを普段使い寄りに持っていくことは良い戦略なんじゃないかと思う。特にレディースとして考えると秀逸だなと思った。事前に出ていたTodd HamiltonのFuelBandみたいなデザインよりも、多くの女性が着けて歩くイメージが想像しやすい。
http://cdn.macrumors.com/article-new/2014/02/iwatch-concept-nike.jpg

またプロダクトデザインはよくプロトタイプや写真、映像で見た時に「いいな」と思っても、実物が何かちゃちかったり、細部が最終的に残念に変更されていたりすることも多いけど、Appleはその点ではあまり心配がないし、AppleWatchは実物をみると、おおっ?てなりそうな気がしていて、楽しみにしている。実物が出回ってくると評価がまた変わってくるんじゃないかなと思っている。

マーク・ニューソンは、昔からデザイナーとして好きというよりは、スタンスに対する憧れがあった。とにかく関わるフィールドが広くて、どこでもマーク・ニューソンらしさが表現されたデザインを出してきていたから。
その後さらに興味をもったのが、元々の専攻がジュエリーデザインだったということを知ってからだった。ミクロ側で身につけるものというレベルからデザインに興味を持って、この世界に入っていることは、とても興味深い。
Droog Designを立ち上げたハイス・バッカーが主催するコンテンポラリージュエリー財団chi ha paura?(現chp...?)のコレクションで、マーク・ニューソンの作品を見た時に知った。
http://shop.chpjewelry.com/marc-newson

そのことを知ってからマーク・ニューソンの作品を見直してみると、確かにデザインが身体側からの感覚でデザインされていると思えてきた。建築側などから入ってきたデザイナーに感じることがある頭が先に動いているようなマクロ視点的な合理性は感じられなくて、手が先に動いているというか、かたちの詰めに合わせてデザインロジックも当てはめていっているようなイメージ。
これからモノのインターネット化が進んでいく中で、Appleが身体側の視点からデザインを考えることができて、ファッションの枠には全く収まらないデザイナーであるマーク・ニューソンを巻き込んだのは、やっぱり興味深い。

ちなみにマーク・ニューソンは、味の素の100周年記念瓶のデザインとかもしている。
「味の素®」発売100周年記念 「味の素®マーク瓶」50g新発売! 2009年8月24日(月)より全国で発売開始

広告を非表示にする